み熊野ねっと分館
み熊野ねっと

 著作権の消滅した熊野関連の作品を公開しています。

俊寛(喜多流にては鬼界島といふ)

『謡曲三百五十番』No.154

※平家打倒の企みが発覚し、藤原成経、平康頼・俊寛僧都の3人は鬼界ケ島(きかいがしま、現・硫黄島)に配流となった。その後、成経と康頼の2人は赦され、俊寛1人だけが島に残される。作者不詳。その悲劇は『平家物語』でも語られる。


季節:九月
ワキ:赦免の使
シテ:僧都俊寛
ツレ:丹波少将成経
ツレ:平判官康頼

<底本:日本名著全集『謠曲三百五十番集』>

 

ワキ詞「これは相国に仕ヘ申す者にて候。さても此度中宮御産の御所の為に。非常の大赦行はるゝにより。国々の流人赦免ある。中にも鬼界が島の流人の内。丹波少将成経。平判官康頼二人赦免の御使をば。某承つて候ふ間。唯今鬼界が島へと急ぎ候。

成経、康頼、次第「神を硫黄が島なれば。/\。願も三つの山ならん。

サシ「これは九州薩摩潟。鬼界が島の流人の内。

成経「丹波の少将成経。

康頼「平判官入道康頼。

二人「二人が果にて候ふなり。われら都にありし時。熊野参詣三十三度の。歩をなさんと立願せしに。其半にも数足らで。かゝる遠流の身となれば所願も空しく早なりぬ。せめての事の余りにや。此島に三熊野を勧請申し。都よりの道中の。九十九所の王子まで。

下歌「こと%\く順礼の。神路に幣をさゝげつゝ。

上歌「こゝとても。同じ宮居と三熊野の。/\。浦の浜木綿ひとへなる。麻衣のしをるゝを唯其まゝの白衣にて。真砂を取りて散米に。白木綿花の御祓して神に歩を。運ぶなり神に歩を運ぶなり。

シテ一セイ「後の世を。待たで鬼界が島守と。

地「なる身の果の。闇きより。

シテ「闇き。道にぞ。入りにける。

サシ「玉兎昼眠る雲母の地。金鶏夜宿す不萌の枝。寒蝉枯木を抱きて。鳴き尽して頭をめぐらさず。俊寛が身の上に知られて候。

康頼詞「あれなるは俊寛にてわたり候ふか。これまでは何の為の御出にて候ふぞ。

シテ詞「早くも御覧じとがめたり。道迎の其為に酒を持ちて参りて候。

康頼「そも一酒とは竹葉の。此島にあるべきかと。立ち寄り見れば。や。これは水なり。

シテ「これは仰にて候へども。それ酒と申す事は。もとこれ薬の水なれば。〓{レイ:酉へんに霊}酒にてなど無かるべき。

康頼成経「げに/\これは理なり。頃は長月。

シテ「時は重陽。

康頼成経「所は山路。

シテ「谷水の。

三人「彭祖が七百歳を経しも。心を汲み得し深谷の水。

地歌「飲むからに。げにも薬と菊水の。/\。心の底も白衣の。ぬれてほす。山路の菊の露のまに。我も千年を。経る心地する。配所はさてもいつまでぞ。春すぎ夏たけて又。秋暮れ冬の来るをも。草木の色ぞ知らするや。あら恋しの昔や。思ひでは何につけても。あはれ都にありし時は。法勝寺法成寺たゞ喜見城の春の花。今はいつしか引きかへて。五衰滅色の秋なれや。落つる木の葉の盃。のむ酒は谷水の。流るるも又涙川水上は。我なるものを。物思ふ時しもは。今こそ限なりけれ。

ワキ「早船の。心にかなふ追風にて。舟子やいとゞ。勇むらん。

詞「いかにこの島に流され人の御座候ふか。都より赦免状を持ちて参りて候。急いで御拝見候へ。

シテ詞「あら有難や。候。やがて康頼御覧候ヘ。

康頼「何々中宮御産の御祈の為に。非常の大赦行はるゝにより。国々の流人赦免ある。中にも鬼界が島の流人の中。丹波の少将成経。平判官入道康頼二人赦免ある所なり。

シテ「何とて俊寛をば読み落し給ふぞ。

康頼「御名はあらばこそ。赦免状の面を御覧候へ。

シテ「さては筆者のあやまりか。

ワキ「いや某都にて。承り候ふも。康頼成経二人は御供申せ。俊寛一人をば此島に残し申せとの御事にて候。

シテ「こはいかに罪も同じ罪。配所も同じ配所。非常も同じ大赦なるに、一人誓の網に漏れて。沈み果てなん事は如何に。

クドキ「此ほどは三人一処に有りつるだに。さも恐ろしく凄ましき。あら磯島にたゞ一人。離れて海士の捨草の。波の藻屑のよるべもなくてあられんものか浅ましや。歎くにかひも渚の千鳥。泣くばかりなる有様かな。

地クセ「時を感じては。花も涙をそゝぎ。別を恨みては。鳥も心を動かせり。もとよりも此島は。鬼界が島と聞くなれば。鬼ある処にて今生よりの冥途なり。たとひ如何なる鬼なりと此あはれなどか知らざらん。天地を動かし鬼神も感をなすなるも人のあはれなるものを。此島の鳥獣も鳴くは我をとふやらん。

シテ「せめて思の余りにや。

地「さきに読みたる巻物を。又引き開き同じあとを。繰り返し/\。見れども/\たゞ。成経康頼と。書きたる其名ばかりなり。もしも〓{ライ:田の三重ね}紙にやあるらんと巻きかへして見れども。僧都とも俊寛とも書ける文字は更になしこは夢かさても夢ならば。さめよ/\と現無き。俊寛が有様を見るこそあはれなりけれ。

ワキ「時刻うつりて叶ふまし。成経康頼二人ははや。御船に召され候へとよ。

康頼成経「かくてあるべき事ならねば。よその歎きをふりすてゝ。二人は船に乗らんとす。

シテ詞「僧都も船に乗らんとて。康頼の袂にとりつけば。

ワキ「僧都は船に叶ふまじと。さも荒けなく言ひければ。

シテ詞「うたてやな公の私といふ事のあれば。せめては向の地までなりとも。情に乗せて給び給へ。

ワキ「情も知らぬ舟子ども。櫨櫂をふりあげ打たんとすれば。

シテ「さすが命の悲しさに。又立ち帰り出船の。

詞「纜に取りつき引きとむる。

ワキ「舟人ともづな押し切つて。船を深みに押し出す。

シテ「せん方波にゆられながら。たゞ手を合はせて船よなう。

ワキ「船よといへど乗せざれば。

シテ「力及ばず俊寛は。

地「もとの渚にひれふして。松浦佐用姫も。我が身にはよも増さじと。声も惜まず泣き居たり。

ツレワキ三人ロンギ「痛はしの御事や。我等都に上りなばよき様に申し直しつゝ。やがて帰洛はあるべし御心づよく待ち給へ。

シテ「帰洛を待てよとの。呼ばはる声も幽なる。頼を松蔭に。音を泣きさして聞きゐたり。

三人「聞くやいかにとゆふ波の。みな声々に俊寛を。

シテ「申し直さば程もなく。

三人「必ず帰洛あるべしや。

シテ「これは誠か。

三人「なか/\に。

シテ「頼むぞよたのもしくて。

地「待てよ/\といふ声も。姿も。次第に遠ざかる沖つ波の。幽なる声絶えて船影も人影も消えて見えずなりにけりあと消えて見えずなりにけり。

** JALLC TANOMOSHI project No.1 ** ** 謡曲三百五十番集入力 **より
テキストのダウンロードはこちらのページから)

2018.7.8 UP

カスタム検索






ページのトップへ戻る