み熊野ねっと分館
み熊野ねっと

 著作権の消滅した熊野関連の作品を公開しています。

ためいき

佐藤春夫

 

   一

紀の國の五月なかばは
椎の木のくらき下かげ
うす濁るながれのほとり
野うばらの花のひとむれ
人知れず白くさくなり、
佇みてもものおもふ目に
小さなるなみだもろげの
素直なる花をし見れば
戀人のためいきを聞くここちするかな。

   二

柳の芽はやはらかく吐息して
丈高くわかき悟桐(ごどう)はうれひたり
杉は暗くして消しがたき憂愁(うれひ)を秘め
椿の葉日の光にはげしくすすり泣く……

   三

ふといづこよりともなく君が聲(こゑ)す
百合の花の匂ひのごとく君が聲す。

   四

なげきつつ黄昏(たそがれ)の山をのぼりき。
なげきつつ山に立ちにき。
なげきつつ山をくだりき。

   五

蜜柑ばたけに來て見れば
か弱き枝の夏蜜柑
たのしげに
大(おほひ)なる實をささへたり
われもささへん
たへがたき重き愁(うれひ)を
わが戀の實を。

   六

ふるさとの柑子(かうじ)の山をあゆめども
癒えぬなげきは誰(た)がたまひけむ。

   七

遠く離れてまた得難き人を思ふ日にありて
われは心からなるまことの愛を學び得たり
そは求むるところなき愛なり
そは信(しん)ふかき少女の願ふことなき日も
聖母マリアの像の前に指を組む心なり。

   八

死なんといふにあらねども
涙ながれてやみがたく
ひとり出て佇みぬ
海の明けがた海の暮れがた
——ただ靑くとほきあたりは
とふればふるき思ひ出
波よする近きなぎさは
けふの日のわれのこころぞ。

底本:『定本 佐藤春夫全集』 第1巻、臨川書店

初出:1913年(大正2年)6月1日発行の『スバル』(第五年第六号)に掲載
1921年(大正10年)7月12日、新潮社より刊行された『殉情詩集』に収録

(入力 てつ@み熊野ねっと

2015.8.28 UP

カスタム検索






ページのトップへ戻る