み熊野ねっと分館
み熊野ねっと

 著作権の消滅した熊野関連の作品を公開しています。

歸去來歌

佐藤春夫

 

    紀勢本線開通の日郷に歸へりてうたへる

わが父祖の墓ほど近く
大洋(わたつみ)の灣(わた)の奥所(おくが)の
魚だにも知らぬ入江も
潮滿ちてさざら波敷き
魚來り波上にをどり
朝風に蘆の葉そよぐ
うつくしさ人に知らえぬ
ゆかし潟ゆかしきままに
ここに來て那智の外山(とやま)の
鶯の老を歌へる
そぞろにも嫉ましかりき
歸去來兮(かへらなんいざ)
ふるさとは
我を待つ魚も小鳥も

底本:『定本 佐藤春夫全集』 第2巻、臨川書店

初出:1959年(昭和34年)11月1日発行の『心』(第一二巻第一一号 秋季特別号)に掲載
1960年(昭和35年)6月15日、普及版が有信堂より刊行され、
同年6月25日に著者朗読のレコード付きの限定版が刊行された『詩の本』に収録

1961年(昭和36年)4月1日発行の『群像』(第一六巻第四号)に
掲載された「望郷の賦」(全集15巻収録)に引用

(入力 てつ@み熊野ねっと

2015.9.2 UP

カスタム検索






ページのトップへ戻る